2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
スポンサーサイト
-------- --
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうあがいてもレポート
2009-11-05 Thu
22:51
やはりレポートに追われています。
たまにポケモンやってます。
ちょっと遅れてですがソウルシルバーを買ったんですよ。

楽しいね。
懐かしいね。
ハッサムはカッコいい。

卵を孵化しながらSIRENのプレイ動画なんかも見ています。
地味にホラーは好きだったりね。
特に和風ホラーはいいですよね。

SIRENはアクション系というより
ゼル伝とかに近い謎解きゲーなんだと思います。
昔、友人宅でごり押ししたのはいい思い出。

ストーリーも面白く、かなりしっかりと設定されています。
ただ少し理解するのが難しいです。
その辺りを自分なり解き明かしていくのが
このSIRENの魅力じゃないですかね。

さてレポート用紙に意味のわからない文字を
記入する作業に戻りましょうかね・・・。
スポンサーサイト
暇があれば遊んでます
2009-06-23 Tue
22:17
そろそろ復活しますかね。
検定も終わって無事合格しました。
さてあとは大学の課題を終わらせるだけだけだけ。
だけと言っても簡単じゃないから困る。

まぁそれは置いておいて、
最近はwiiで一人寂しく遊んでいます。
いや、比率でいえばオン>>>オフなのは未だに変わらないかな。
wiiショッピングいいですね。
懐かしいゲームを安く?ダウンロードできるのですよ。

唐突に「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」をDLしました。
未だに我が家には任天堂64は存在しますがメモリー拡張パックの調子が悪く、
それに対応したソフトは遊べないのですよ。

ゼル伝シリーズは結構好きで2Dも3Dもわりとやりましたね。
やはり一番は時のオカリナだと思います。
まさに王道なストーリーと程よい謎解き。
広く長く楽しめるとても良い作品だと思います。

と言うかこの作品が良いのは今さらですよねw

その続編として発売されたムジュラですが、
前作の期待を背負ってというのがいけなかったのか、
世間一般ではイマイチな評価だった記憶があります。
まぁたしかにゼルダの伝説といいながらゼルダ姫の登場シーンは回想のみ
というのは思わず突っ込まずにはいられないですね。

それでもこの作品自体はそれはそれで十分楽しめたと思います。
前作時のオカリナを通してついたリンク=時の勇者というイメージを
活かして限られた三日間を様々な視点から楽しむことができ、
当時ではとても新鮮なシステムでした。

また前作以上に凝った謎解きやイベントも多数用意されていて
ゲーム性としては決して劣っていないと思います。

人気がイマイチだった一番の理由は登場キャラクターが
ほぼ前作の使いまわしだったことではないでしょうか・・・


ちなみにムジュラのCMのキャッチフレーズは
「今度のゼルダには怖さがある」みたいなものだったのですが、
ボク的には時オカのカカリコ村の井戸の中や闇の神殿の方がトラウマです。
30秒で復活できたらいいね
2009-06-03 Wed
21:50
というわけで悩むのはいつもどおり一瞬ですボクです。

流れを断ち切ってオススメのゲームを紹介します。

これはわりと発売してまもないですが、
「勇者30」というPSPソフトです。

要するに「30秒で世界を救え!」ってことです。

王様の命により、なりゆきで勇者になったプレイヤー。
魔王がハメツの呪文を唱え終わるまであと30秒!
30秒以内に魔物と戦い、レベルを上げて魔王を倒せ!


実際は時の女神様から時間を買ったりして30秒より長く粘ることもできますが、
本当に30秒で終わるステージもあります。

他にも、魔王30や王女30、騎士30など
いくつかのモードもありストーリーも分岐ルートありと
思ったよりも長く遊べます。

一見するとアイディアゲーのようですが、
ストーリー性も良く、終盤では普通にいい話になっています。

ちなみに個人的にこのゲームの一番オススメしたいところは
実は音楽だったりします。
まぁ百聞は一見にしかず、どうぞ。


全体的な難易度としてはクリアだけならそこまで難しくはないですね。
あまり普段ゲームをやらない人でも慣れれば大丈夫だと思います。
突き詰めれば重度のゲーマーでも挑戦しがいがあります。
是非全ステージタイムアタック目指してください。
マイナーな神ゲーを探すのが好きですボクです。
というわけで「パタポン」って知ってますか?
そこまで有名ではないと思いますが非常に評価の高いPSPのソフトです。
ジャンルとしては音ゲーアクションRPGと言ったところですかね。
パタポンという生物にリズムに合わせてボタンを押して指示を出し、
敵と戦ったり狩りをして世界の果てにあるといわれる「それ」を目指すゲームです。
まぁ音ゲーでもあるので言葉で説明より見てもらう方がわかりやすいですね。


見た目のわりに難易度は少し高めです。
そのわりにはやりこみ要素が少ないのが残念ですが、
グラフィックもキレイで雰囲気も良く、
幅広い世代で楽しめる作品だと思います。

ポンパタポンパタウッヒョーイ
何でもできるわけだね
2009-05-26 Tue
22:15
実はホラー好きですボクです。
なんとなくホラーのフリーゲームをやってみました。
「包丁さんのうわさ」という学園?ホラーですね。


「包丁さんって知ってる?
呼び出したら誰でも殺せるんだって。
でも、そのかわり・・・・
呼び出した包丁さんは本当の名前を言わないと帰ってくれないんだって」

この町には昔から伝わる昔話がある。
それが包丁さん。
都市伝説でもなく単なる怖い話でもなく存在する。
だって、包丁さんはカミサマだから。

普通の肝試しの感覚で包丁さんを呼び出す儀式をやっていた。
ほんの、軽い気持ちでその呼び出す儀式をしてしまった。
それが、どうしようもないほどの恐怖を生み出すとは知らずに。


製作者の説明文です。
ちょっと猟奇的な表現が多いですが中々深い話ですね。
本編をクリアすると番外編として5年前の話が見えます。
本編をしっかりプレイしてからだと色々と繋がりが見えてなお楽しめますね。

包丁さんにまつわる話が本編ですが
その他にも学校の七不思議も出てきます。
その七不思議の内容の方がきついです・・・

そこまで怖さは強くないですし話の内容も深いので
興味のある方は是非プレイしてみるといいですよ。


後で気づいたのですがこれのプレイ動画がニコ動のランキングに上がってましたね。
何か真似したみたいでイヤですねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。